WordPressサイトをルートディレクトリに保存する方法

独自ドメインを取ったものの、ホームページのアドレスが”www.ドメイン名/wordpress/”となるのはちょっと格好悪いので、なんとかサイトアドレスだけでWordPressのホームページを表示できないか調べたところ、簡単にそれが行える方法があったので、記しておきます。

まずWordPressのダッシュボードより[設定]→[一般]を選ぶと、一般設定画面が開きます。その画面内の[サイトアドレス (URL)]という項目に、ホームページに設定したいアドレスを入力します。今回はルートディレクトリに設定したいので”/wordpress”を削除します。
※[WordPress アドレス (URL)]の項目ではありません。

これだけで、目的は達成できそうに見えますが、ホームにあたる”index.php”がまだ”/wordpress”ディレクトリの中に残ったままですので、次に若干の変更を加えて、設定ファイルである”.htaccess”とともにルートに移動する必要があります。

もともと”index.php”は”/wordpress”ディレクトリに存在し、同一フォルダーを参照するようになっていますので、ルートフォルダに移動した場合でも、”/wordpress”ディレクトリをきちっと参照するように、以下の編集を加えます。”index.php”をエディタなどで開いて、下記の編集を行ってください。

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wordpress/wp-blog-header.php’ );

赤字を追加

これで”/wordpress”ディレクトリを正常に参照するようになります。最後に2つのファイルをサイトのルートディレクトリに移動します。ルートにすでに設定ファイル”.htaccess”が存在していて、それが必要な場合や、また他の”index.html”や”index.php”が存在している場合は、リネームをするなどして退避させてください。

私のサイトはSynology社製NAS、DiskStationを使っていますので、上の画像はDiskStation内のフォルダをFile Stationで見たときのものです。ここでは”Web”というフォルダがルートとなり、その中の”/wordpress”というサブディレクトリにある”index.php”と”.htaccess”の2つのファイルをルートに移動します。

以上の作業を完了したら、ブラウザでサイトURLのみを入力して見てください。ホームにアクセスできるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です